ロゴボタン
ロゴボタン
コレクションへ
 
ブライダルへ
 
ブランドについてへ
 
カスタマーサポートへ
 
お問い合わせへ
 
ウェブショップへ
  
 
 
ジュエリーのお手入れ方法

 

  大切なジュエリーの美しい輝きを保ち、より永くご愛用していただく為にはジュエリーケアが重要です。
 こちらに簡単なお手入れ方法をまとめました。

 
 
着ける際の注意


ジュエリーはお化粧やネイルが終わってから着けるようにしてください。香水やヘアスプレー、除光液が付いてしまうとダメージになります。
また、温泉や海に入るときや塩素系洗剤を使うときはずすようにしてください。温泉や海水などと反応し、変色することがあります。
 
 
 基本のお手入れ方法 


1.拭く
一番簡単なお手入れで、ジュエリー用の柔らかいクロスを使って優しく拭きます。
着用後のジュエリーには汗や化粧品等の汚れがついています。そのままにしておくと輝きをくもらせる原因になります。こまめに拭くだけでも輝きは違います。
 
2.洗う
布で拭いても落しきれない汚れは、洗い落とします。 洗面器などに台所用の液体中性洗剤をぬるま湯で薄めます。そこへ浸け置きすると、汚れが溶け出してきます。 裏側や細かい部分のしつこい汚れは、洗剤をつけたきれいな筆等でこすります。流水でよくすすぎ、柔らかい布で優しく水分を拭き取ります。(※この時排水溝に落とさないように気をつけてください。) 
ただし、石がついているジュエリーは水に弱い石や割れやすい石もあるので気を付けてください。洗える宝石は、ダイヤモンド、ルビー、サファイアなどの硬くて強い宝石です。
石がついていないゴールドやプラチナ類も大丈夫です。
 
3.磨く
1.の拭くということだけでなく、細かい傷などが気になる場合には研磨剤の入った貴金属用のクロスを使って磨きます。磨く際に気を付ける事は金属の種類によってそれぞれ専用のクロスを使い分ける事です。
ただし、コーティング(メッキ加工)やいぶし加工をしてあるものは研磨剤の入ったクロスで磨くとコーティングがとれてしまったり、風合いを損なうので使用しないでください。
 
 
保管方法


お手入れ後、直射日光のあたらないほこりをさけた湿度の低いところで保管するのが理想です。
日光の当る場所は熱や紫外線の影響で宝石の質が劣化する場合があります。防虫剤が入っている場所にも置かないように気をつけます。  
宝石はそれぞれ硬さが異なりますので硬いダイヤモンドとやわらかい真珠を無造作に一緒にしまうと真珠はキズついてしまいます。仕切りのあるジュエリーケースに入れるか、それぞれ個別のジュエリーケースで保管します。