ロゴボタン
ロゴボタン
コレクションへ
 
ブライダルへ
 
ブランドについてへ
 
カスタマーサポートへ
 
お問い合わせへ
 
ウェブショップへ
  
 
 
ダイヤモンドの4C

 

4Cとはダイヤモンドの品質等を評価する基準で
カラット(Carat=重量)
カラー(Color=色)
クラリティ(Clarity=透明度)
カット(Cut=プロポーション)
の4つの要素のことです。
ダイヤモンドの評価はこの4Cで決まります。
 
 

カラット(Carat=重量)


カラットとは大きさではなく、重量を表します。1カラット(1Ct)は0.2グラムで、 5カラットで1グラムです。 婚約指輪によく選ばれる0.3ctは0.2g×0.3ct=0.06gということになります。ダイヤモンド原石の大半が0.1Ct未満と小さく、大きい石が少なく希少な為、重量が増すと1カラットあたりの価格も上がります。
カラットに対するダイヤモンドの大体の大きさは下記のようになります。
 

ダイヤモンドカラット表

             
 
カラー(Color=色) 


ダイヤモンドは無色に近い程、高評価になります。Dカラーを無色の最高の評価とし、少しずつ黄色みを帯びるに従って、E、F、G、H、I、J、K~Zカラー と段階的に評価付けがなされます。無色にどれくらい近いか、離れているかが評価基準とされています。

 
ダイヤモンドカラー表

 
※標準的範囲以外のブルー・ピンク・レッド等めずらしいファンシーカラーダイヤモンドやZカラー以下のダイヤモンドは白色ダイヤとは別の分類評価がされます。
 
 
クラリティ(Clarity=透明度) 


クラリティは透明度(内部の状態)を表します。天然石には微細な内包物(インクルージョン)が含まれて います。もちろんダイヤモンドにも存在します。10倍の顕微鏡で見て このインクルージョンの有無や大きさ、位置等総合的に判断して評価され、インクルージョンの無い物は良質とされ、希少性が高く、価格も高くなります。自然が作り出すものですので、純粋なものや完全なものはほとんどありませんが、稀に該当するものがあり、Flawless(フローレス)無傷と呼び非常に高く評価されます。 

 
クラリティー表

 
 
カット(Cut=プロポーション)


カットはダイヤの形と仕上げの評価で、人間の技術が関与する唯一の部分で他の「C」に大きな影響を及ぼします。ダイヤモンドは様々な形状がありますが、婚約指輪としてポピュラーなのが、ラウンド・ブリリアントカットで最も強い輝きを得ることが出来ると言われています。理想的プロポーションに最も近いExcellentからPoorへと徐々にグレードが下がってゆきます。
 

 
ダイヤモンドカット表
 
 
★ハートアンドキューピッド
ラウンドブリリアントカットの最高カットグレードでExcellentカットの中でも、カット面が均一な形、大きさでカットバランスの良いものは、ハート&キューピット(ハート&アロー)とよばれる 8個のハートと8本の矢がくっきり現れます。 
 
表        裏
 
 
★3EXCELLENT(トリプルエクセレント)
 カットグレードEXCELLENT のダイヤモンドで、カット評価基準の項目中・ポリッシュ(研磨状態) ・シンメトリー(対象性) がともにEXCELLENTのものをトリプルエクセレントと呼び、ハート&キューピットよりさらに希少となります。